パパのルール

満ち足りた人生を送るためのパパのルール

父親の死

2004年、イギリス・ケント州に住む学校教師のポール・フラナガンは妻と半年前に生まれた息子トーマスに囲まれ幸せな時を過ごしていた。ある日、病院で診察を受けると右胸にあるアザが「悪性黒色腫」と呼ばれる皮膚がんの一種だということが分かかった。すぐにアザの全摘手術を受け、その後は定期検診に通い、その都度経過は良好だった。だが、2008年、娘ルーシーが誕生した1か月後、ガンがリンパ節に転移していることが判明。さらにその後の検査で半年の余命宣告を受けた。その翌日は息子トーマスの5歳の誕生日。そこには明るく祝いふるまう父の姿があった。子ども達はまだまだ幼く教えたいことがたくさんある。少しでも二人の子ども達と一緒に過ごすため、休職しできるだけ家にいることを決めた。そして毎日、家族や親戚、友人、知人、地域の人のために出来る事を探した。子ども達へは、将来読んでもらいたい本に一つ一つメッセージを添え、本棚は父からのメッセージ付きの本でいっぱいになった。二人の未来の誕生日にとプレゼントも購入した。1歳の娘ルーシーが18歳になった時の指輪のサイズは分かりようがなく、「平均的なサイズ」を選ぶしかなかった…。徐々に体は弱っていく中、ポールは最後まで家族のために力を振り絞り続けた。そして余命宣告から8か月後の2009年11月、家族に看取られポールは45歳で天国に旅立った。

父親の死後残されたメッセージ

ポールの死から1年半の月日が経ったある日の事…。パソコンで書類を探していた妻は偶然あるファイルを見つけた。タイトルは『満ち足りた人生を送るためのパパのルール』とあった。それは、子どもが成長しパソコンを使う年頃になった時に見つけてほしい、と願って残した父からの”教え”だった。その教えはポールらしいやさしく厳しい「28の教訓」。家族にとってパパが遺してくれた大きな大きな宝物となった。

満ち足りた人生を送るためのパパのルール

・礼儀正しく時間は守り、いつもお願いしますとありがとうを言おう。ナイフとフォークはきちんと持つこと。人は君のマナーを見て君をどう扱えばいいのかを探る。
・困っている人がいたら、親切に思いやりを持って接すること。例え君自身が問題を抱えていてもだ。人は君の献身さに感謝し、いつか君のことを助けてくれるだろう。
・道徳的勇気を持とう。例えそれで君の人気がなくなるとしても、正しいことをするんだ。パパは毎日髭そり用の鏡を見ながら、罪悪感や後悔を抱かずに鏡の中の自分を見つめられることが重要だ、とずっと思ってきた。パパはこの世界をとてもきれいな良心と共に去るよ。
・謙虚でいなさい。自分の足でしっかり立ち、反対の意見を言う人がいたら立ち止まって聞き、自分が間違っているのが分かったら潔く引きなさい。名誉を失うことを心配してはいけない。それが起きるのは君が強情な時だけだ。
・失敗から学びなさい。失敗はたくさんすることになるだろうから、それを学ぶための道具とするんだ。もし同じ失敗やトラブルを繰り返すようであれば、君のやり方にどこか間違いがあるはずだ。
・悪口を言うな。君が悪く見えるだけだ。もし誰かとの間に問題が起きたら、本人に面と向かって言えばいい。
・カッとするな、誰かが君に怒ってもすぐに反応してはいけない。一度口にしてしまったら、その言葉は消えない。そしてほとんどの人には二度目のチャンスが与えられるべきなんだ。
・楽しみなさい。例えリスクを伴うとしても覚悟するんだ。もし何かあった時には、観念しなさい。
・慈善活動に協力すること。自分よりも恵まれていない人に手を差しのべなさい。それはとても簡単で大いに報われることなんだ。
・いつも良い面を見ること。コップは半分空なのではなく、半分の水が入っているのだ。君が探し求めれば、全ての逆境は希望の光に変わる。
・常に直感に従って答えを出しなさい。断るための言い訳ではなく、何かをするための理由を探しなさい。君の友達は君を大切にしてくれるだろう。
・賢くありなさい。もし相手が望むより多くのものを君が与えたならば、相手も君に多くのものを与えてくれるだろう。歩み寄りこそが最善の策だ。
・パーティの招待は必ず受けること。行きたくない時もあるかもしれないが、彼らは君に来て欲しいんだ。礼儀と敬意を払うこと。
・友達を決して失望させないこと。パパは友達に頼まれるならば、彼らのために命をかけてもいいくらいだ… だからパパは慎重に友達を選んできた。
・良いサービスにはチップを支払うこと。それで敬意を伝えるんだ。ただし、粗末なサービスに報いることはない。粗末なサービスは侮辱だからだ。
・人に出会った時は、その人の社会的地位の上下に関わらず、平等に接しなさい。自分より上の立場にいる人には敬意を払ってもおべっかを使ったりはしないように。
・常に年長者を敬うこと。年齢は賢さに匹敵するからだ。
・兄弟の利益を優先する覚悟を持ちなさい。
・自分自身とそのルーツに誇りを持ちなさい。だけど、他の文化や言語に心を開くように。君が旅行をするようになった時(そうなると嬉しいのだが)、君のいる場所が世界の中で不可欠であると同時にちっぽけであることも知るだろう。うぬぼれてはいけない。
・野心を持ちなさい。ただし、あからさまにはしないこと。君の主張を、技能と勤勉さで裏打ちできるように備えなさい。
・毎日を精一杯生きること。自分に笑顔や笑いをもたらすことをするんだ。先延ばしにするのは避けなさい。
・学校ではベストを尽くすこと。中には生徒にやる気を与える必要があることを忘れている人もいるから、もし先生がそれを与えてくれない場合、自分で工夫しなさい。
・ケチケチしないこと。ホテル、洋服、靴、化粧、宝石は良いものを選びなさい。ただし賢く買い物をすること。物には支払っただけの価値がある。
・諦めるな!パパの可愛い戦士たちには父親がいない。でも君は勇敢で大きな心を持ち、健康で強いんだ。それに、君はものすごく優しくて頼もしい家族や友人に囲まれている。君は自分で宝物を築いていくのだから、子供たちよ、戦い続けるんだぞ。
・自分に同情するな。少なくとも長い間するな。泣いても物事はよくならない。
・身体を大切にしなさい。そうしたら、身体も君を大切にしてくれるだろう。
・外国語を学びなさい。少なくともその努力をしなさい。海外から来た人には、まず彼らの母国語で必ず挨拶をしてから会話を始めよう。彼らが英語を話すかどうか絶対に尋ねること!
・そして最後に…ママを大切にしなさい。ママを助けてあげなさい。

2人を心から愛しているよ。
パパよりx

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。