子どもに関心を持つ~ケーススタディ

例えば、テストの結果をもってきたとします。

反応が無いとお子様はがっかりします。

「反応なしかよぉ」という感じです。

感情をめいいっぱい表現しましょう!

すっごいなぁー前回から○○点アップしてるなぁ!

いやぁびっくりした。

結果もうれしいけど、

テスト前の努力のほうもすごかったなぁ。

頑張ったね。といった具合です。

するとまた良い結果をとりたいと思い、

努力が認められてうれしく、

また努力しようと思います。

結果ばっかり評価していると、

悪い結果のときは隠そうとします。

もし、点数が思ったほどでなかった場合には、

怒りたい・叱りたい気持ちをぐっと抑え、

お子様の気持ちになって、

悔しいなぁ~!

テスト前に頑張っていただけに悔しいね!

見せたくなかっただろうけど、隠さず見せてくれてありがとう。

あっここのミスもったいないなぁ。

テストの結果は悔しいだろうけど、

頑張ったことが一番すばらしい!!

えらい!!

といった具合で素直な気持ちも育て、

努力する気持ちを育てましょう。

大切なのは、

努力の継続のための、お子様自身のやる気です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。