子どもをやる気にさせる ~動機付け

大人でも子どもでも、何事も大切なのは「やる気」です。

このやる気ですが、大きく分けて2つあります。

まず1つ目は、
自分自身の内なる力によってやっていこう
という内発的動機付けです。
この内発的動機付けは、
自分自身が好きだからとか楽しいから、
または将来必要だから頑張ろうという、
自分自身の内側からわいて出るエネルギーが
モチベーションにつながっていると言うことです。

長期的に見て、やる気は内発的動機付けが一番大切だといえます。
このためには、目標を持たせるために情報を与えたり、
自分自身の能力に気づかせるために
様々なことに出会うチャンスが必要となってきます。

2つ目は、周りからの働きかけによるやる気、
外発的動機付けです。
この外発的動機付けは、
正の条件付け(ほめられたり、認められたり)と
負の条件付け(その行動による罰)があります。
この2つをしっかり使い分ける必要があります。

僕は基本的には、
社会生活上必要不可欠な礼儀・ルールなどは
負の条件付けは時として必要だと思っております。

ただ基本は正の条件付けのほうが、人は自発的に良く動きます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿