良酒塾 親御さんの子育て奮闘記①


現在塾に通われている生徒の親御様の教育方法です。
僕は、この親御様の教育方法がとても大好きです。

本日その生徒は塾をお休みしました。
お休みと言っても、塾の授業の日ではありません。
我が塾は授業以外でも時間がある限り、個別での質問や、
相談、授業をしています。
教育とは時間・労力を考えていてはできません。
今回は塾のことではなく、そのお母様の教育についてです。
授業の日ではありませんが、
毎週この日は塾に来ていただいて一緒に頑張ろうと習慣化していました。
しかし、その子が塾をお休みいたしました。
この子は今までこんなことは一度もなかったので、
僕も心配になって同じ中学校の子に聞いたところ
「友達と野球すると言っていました」と。
「そうか、テストも終わって将来の目標に一歩でも近づくために
そちらを優先することはしょうがない」と思っていました。

塾の授業は学校の部活動を考慮して、
夜の20時から22時までです。
夜の21時30分あたりから入り口が開いたり閉じたり。
自習していた生徒が出入りしているのかなと思っていました。
しかし我が塾では自習中立ち歩くことはありませんし、
ましてや帰るときは必ず挨拶していくので変だとおもっていました。

22時になって、授業が終わって生徒達をお見送りするために
外に出てみるとびっくりしました。
その休んだ生徒とお母様の姿がそこに。

そっかさっきの出入りしていたのは彼だったんだ。

まずは彼から無断でお休みしたことのお詫びでした。
そしてお母様からもお詫びのお言葉を頂きました。
僕はびっくりしました。
塾に関係して14年。
塾を無断で休んで、親御様がお子様とお詫びにいらっしゃったのは
今日が初めてです。
感動いたしました。
そのまっすぐにわが子を育てようとするお母様の愛情に。
そして行動をもってわが子に、教えるその姿に。

若いうちにまっすぐな価値観を植えつける必要があります。
素直でまっすぐだと後々の伸びが違います。
それは勉強だけではなく、さまざまな面でも当てはまります。
また、素直でまっすぐな人はそれだけで財産になります。
なぜなら、まっすぐで素直な人が一生懸命努力して困っていたら、
周りの人は必ず助けてくれるからです。

その彼のお母様は「約束・時間」は、
必ず守らなければならないとおっしゃっています。
それを口だけではなく、行動で示してくれました。
しかもできれば避けたいお詫びと言う行動で。
子供は誰しもが失敗をします。
そのときに愛情を伴った行動で、教えることはなかなかできません。
間違いなくこの後、彼は同じ過ちを犯すことはないでしょう。
断言できます。

人は感情で行動します。
お母様の愛情を伴ったその行動で。
彼の感情に深く刻み込まれたのですから。

教育の根本をそのお母様から見出せます。
わが子を責任を持って一人前に育てる。
愛情を持って行動し、そして愛情を伝え、
わが子が気持ちの良いように。
しかし曲がったことに対しては断固たる態度で臨む。
わが子のために。

僕も母親に一度尋ねたことがあります。
どうしてわが子の教育に対して
そんなにエネルギーを持って行動できたのか?と
母親はこう答えました。
「自分が産んだ子なんだから、
責任を持って教育するのは当たり前!!
愛情を持って育てないと、わが子に対して失礼だ!!」
と。

同じ空気を感じました。

勉強さえられました。
と同時に母親の行動の想いが理解できました。
僕自身の教育の質も変わりはじめました。

今日はまたそんなことを思い出し、
また勉強させていただいた1日でした。

このエピソードが一人でも多くの方々の参考になればと思い、
塾生のお母様に許可を頂きました。
快く、許可していただきありがとうございます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。