【高校改革】

高校改革へ

高校改革へ「普通科」見直し=生徒の多様化踏まえ―教育再生会議

政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫前早稲田大総長)は18日の会合で、

高校改革に向けた検討の中間報告をまとめた。

生徒の能力や興味・関心、進路などが多様化していることを踏まえ、

「普通科」のあり方を見直すのが主な柱。

現在、高校進学率は98%を超え、うち約7割の生徒が普通科に在籍している。

中間報告は、普通科の画一的な学習内容が、生徒の多様化に対応しきれておらず、

「学習意欲にも悪影響を及ぼしている」と指摘。

学習の方向性に応じた類型化などが必要とした。

 

具体的な取り組み

具体策は今後議論するが、

例えば「グローバル人材を育成する学科」

「基礎学力を養う学科」など、

目的やニーズに基づいて学科をタイプ分けする案が出ているという。

 

高校改革への考え

高校改革は大賛成だ。

ドイツは高校から職人への道が用意されている。

大学へ行かない人にとって、

普通科の勉強をすること自体が、

その子にとって人生の無駄遣いである。

英語・数学・理科・社会・国語という教科は、

役に立たないというわけではないが、

直接お金を稼ぐ道具にはなりにくい。

よって高校生の間に生き抜くために必要な訓練を受け、

能力を身につける方が、大学に行かない人にとっては

有意義であり、必要である。

よって改革は速やかにして欲しいものである。

 

ニュースの記事はこちら

 

☆私立入試まで6日

☆☆公立高校入試まであと38日

☆☆☆三学期期末テストまであと25日

 

★私立入試が近づいています。

体調管理も受験のうちです。

 

教育の目的とは
生徒が社会に出て困らないようにすること!
面白くない世を面白く!

教育とは実に面白い!

お子様には笑顔を!保護者様には感動を!!
かほく市の塾 良酒塾 てんちょー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。