【石川県公立高校入試】合格基準について

今回は石川県公立高校入試の合格基準についてのお知らせです。

結論から言いますと

公立高校入試での判定基準は

入試当日の試験の合計点(500点満点)(最大2科目2倍までの傾斜配点あり)

入試当日の面接・適性検査

各中学校の内申点

です。

これらを高校側が総合して判断することになります。

では具体的にみていきましょう。

 

試験科目について

学力検査

学力検査
学力検査については、
1日目に国語、理科及び外国語(英語)の 3教科、
2日目に社会及び数学の 2教科を
実施する。
実質何点満点かは明記されていませんので、
ここでは100点満点としておきます。

面接および適性検査

面接及び適性検査
面接及び適性検査については、
2日目にいずれか一つ又は両方を実施することができるものとする。
とあります。
ですので、面接と適性検査を実施するかどうかは各高校の判断にゆだねられております。
高校・学科名
面接を行う高校 大聖寺実業  加賀  小松商業  小松工業  寺井  鶴来  松任  翠星  金沢辰巳丘  金沢商業  県立工業  金沢北稜  金沢向陽  内灘  津幡  羽咋工業  宝達  志賀  七尾東雲  田鶴浜  穴水  能登  門前  輪島  飯田  小松市立  金沢市立工業
適性検査を行う高校 鶴来:スポーツ科学  金沢辰巳丘:芸術  県立工業:工芸・デザイン  津幡:スポーツ健康科学  小松市立:芸術

点数配分について

傾斜配点

傾斜配点
学力検査における傾斜配点は、
学校・ 学科(コース)ごとに実施できるものとする。

ただし、比重を高くできる教科は 2教科までとし、
比重をかける配点は 2倍を超えない範囲とする。
とあります。
ですので、基本は英国数理社の500点満点ですが、
最大700点満点とすることができるということになります。

面接・適性検査・内申点の点数

.
面接・適性検査・内申点の点数
選抜資料は、中学校長から提出される調査書及び
成績一覧表による内申並びに高等学校において実施する
学力
検査等の結果を資料とする。入学者の選抜は、調査書及び成績一覧表による内申と
学力検査の結果との相互関係等を十分考慮して審査する。なお、面接等を実施する学校にあっては、その結果も十分参考にする。
とあります。
面接・適性検査・内申点は資料とするとありますので、
合格判定に使用してもよいということです。
ただ具体的に面接・適性検査・内申点は何点ですとは書かれてありません
ということは、
面接・適性検査・内申点については高校側の裁量にかかってきます。
もし利用するとすれば、
中学校での5段階評価の成績の合計を利用するという方法が現実的ではないでしょうか。

逆転現象

逆転現象とは、入試の5教科の合計点が合格最低点を

超えているにもかかわらず、不合格になるケースのことです。

これは、明らかに内申点が関わっていると思われます。

この内申点を加味していると思われる高校は、

金沢桜丘、金沢西、金沢錦丘などがあげられます。

ですので、これらの高校を受験される受験生は、

中学校の内申点をしっかり稼いでおきましょう。

 

ちなみに、金沢泉丘金沢二水は内申点を

加味していないのではないかと思われます

その理由としては、過去に合格最低点で合格した塾生がいます。

その塾生は内申点は非常に悪かったのです。

 

中学校の生徒会長をすると内申点があがるの?

この質問は毎年されます。

あくまで個人的な判断ですが、加味されないと思います。

その理由としては

①高校は大学に行くための学校で、生徒会長をはじめとする

学力に関わらないところは意味がない。

②生徒会長をやっていた人が公立高校入試で失敗するケースが普通にある

③不公平である。

もし加味されるとすれば、推薦入試ではないでしょうか。

まとめ

公立高校入試での判定基準は

入試当日の試験の合計点(500点満点)(最大2科目2倍までの傾斜配点あり)

入試当日の面接・適性検査

各中学校の内申点

ですので、入試の英国数理社の5教科をしっかり取れるようにしておく。

内申点もしっかりとっておけばさらに安心ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿