【根性と知性】中3生紹介シリーズ

今年の中3生の紹介シリーズです。

今回紹介するのはNさんです。

 

Nさんは中学2年の3学期に、

前回紹介したJさんに誘われ良酒塾に来てくれました。

彼女は、それまでは他塾に通っていました。

見た目の第一印象は、

明るく活発なクラスのムードメーカー的な感じでした。

持ち前の明るさから、すぐに塾の雰囲気になじんでいたのを覚えています。

 

そんな彼女の成績は、

中1をピークに徐々に低下傾向でした。

大部分の中学生は、

中1の1学期中間テストが自己ベストの点数になり、

徐々に点数が下がってきます。

彼女もそんな中学生の一人でした。

 

当塾では毎回の小テストを行っています。

小テストは前回までの学習した範囲です。

この小テストで彼女は結果を残し続けてくれます。

苦手な数学も80点から100点をキープしてくれます。

小テストをしっかり結果を残し続けるには、

復習する必要があります。

彼女は毎回の小テストに備えしっかりと復習し続けてくれていたのです。

 

人は見た目ではありませんが、

自分も無意識に見た目で判断してしまいます。

彼女はその活発なイメージと裏腹に、

堅実な一面を併せ持っていたのです。

 

さらに彼女は努力を積み重ねてくれます。

 

僕自身の考えとしては

学習の優先順位としては

第1に学校の授業が大切

第2に自分自身で学習すること

第3に塾の授業は塾生を応援するもの

この考えのもと、塾の授業でも

生徒には

「学校の授業をしっかり受けよう。

そして学校の授業で習ったことをその日にしっかりワークで復習しよう。」

と口酸っぱく毎回言っています。

言うは易し、行うは難しです。

分かっちゃいるけどなかなかできないのが人というもの。

しかし彼女は違いました。

しっかり学校の授業で習ったところまで

毎日しっかりワークをこなし続けてくれました。

学校での宿題、講座、部活動で忙しい毎日の中で時間を見つけて頑張ってくれていたのです。

 

その努力を続け中3の1学期中間テストで結果を残してくれます。

5教科合計422点

点数としては30点以上アップ。

自己ベスト付近まで上昇してくれました。

 

人は一度結果が良ければ天狗になり努力を怠りがちなもの。

しかし彼女は手をゆるめません。

大したものです。

一度決めたことをやり続けてくれます。

 

そんな彼女も弱点がありました。

確認(実力)テストです。

どうしても定期テストと比べると点数・順位が低下してしまいます。

ここで彼女は相談に来ます。

「どうすれば確認テストで結果が出ますか?」

と。

 

個人的に成績が伸びる生徒の特長として、

①コミュニケーションをしっかりとれる

②素直で努力

③熱意がある

だと感じています。

 

彼女と実力テストで成績が上がるための戦略を一緒に練り上げます。

その戦略通りに、いやそれ以上に彼女は努力してくれました。

結果が伸び悩んだ時期もありましたが、

彼女は信じて努力し続けてくれました。

どんな日であろうと毎日塾に来て自習しています。

クリスマスであろうが、年末年始関係ありません。

努力に努力を重ねてくれました。

その結果実力テストでも自己ベストの学年順位をたたき出してくれました。

もちろん

石川県総合模試でも攻略してくれます。

彼女の石川県総合模試の結果がこちら

5教科偏差値が11もアップしています。

恐るべき結果です。

 

彼女の尊敬すべき点は

①一度決めた努力を継続できる

②素直で人の筋の通った意見をしっかり自分のものとできる

③物事をしっかり論理的に考え良い結果を残すための方法を考えることができる

④自分の実力をしっかり理解し現実的に最適なことを選択できる

だと感じております。

 

彼女が塾にきてからの成長を楽しんで応援することができました。

これからも彼女は成長し続けれくれると確信しています。

今後がさらに楽しみです。

 

恥ずかしいから載せないで下さいと言われましたが、

載せちゃいました(*^▽^*)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。