【石川県公立高校入試1日目 国語・理科・社会 変更点 難易度評価】

石川県公立高校入試1日目が終わりました。

2019年度石川県公立高校入試の変更点と

難易度評価です。

変更点

教科 変更点
国語 ・漢字問題が冒頭に

・説明文に資料が附属

・作文が新聞の見出し問題に

理科 大問6が分野横断問題に
英語 ・リスニング問題 長文内に図表

・大問4の長文内に図表

・単語の注釈が少なめに

 

難易度評価

教科 難易度
国語 平年並み
理科 やや易
英語 やや難

まとめ

毎年入試には何らかの変化があります。

特に英語は大学入試の変化の影響が色濃く反映されています。

まだ明日も残っています。

感触がよかった受験生も、そうでない受験生も

まだ結果が出たわけではありません。

最後まで油断せず、あきらめずに、

自分のこれまでの努力をぶつけてください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。