【石川県公立高校入試2日目 社会・数学 変更点 難易度評価】

石川県公立高校入試が終わりました。

受験生の皆様、親御様長い受験勉強お疲れ様でした。

3月14日の合格発表までしばらくそわそわすると思います。

 

2019年度石川県公立高校入試の変更点と

難易度評価です。

変更点

教科 変更点
社会 おおむね変更無し
数学 ・規則性が動点問題を絡めた問題に

・関数は一次関数のみに

 

難易度評価

教科 難易度
社会 平年並み
数学 平年並み

まとめ

社会・数学ともに難易度は平年並みでした。

むしろ数学は若干易化した印象です。

今回の石川県公立高校入試では、

受験生にとっては全体的に

とりやすい問題が多かったのではないでしょうか。

高得点勝負になる可能性があります。

高得点勝負の場合では、

ミスが勝敗を分けます。

取れる問題をミスを少なく取りきるかどうかが、

勝敗を分けると思われます。

 

3月14日の判定の日まで、待ちましょう。

受験生本人、保護者様、学校の先生方、塾の先生方

皆さんお疲れ様でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿