挫折そして現実

高校受験の不合格烙印は、僕の気持ちに重くのしかかった。

華々しい高校生活を思い描いていた。

それが一転思いもよらない方向に。

悪夢だった。絶望だった。

 

しかし悪夢の合格発表の翌日、滑り止めの私立高校の入学説明会があった。

公立高校合格発表の日程に合わせてあったのだろう。

今でも記憶している。

母親と二人で車に乗って行ったことを・・・。

屈辱だった。

駄目の烙印を押され続けているようだった。

 

グラウンドに車を止め、説明会の体育館へ行った。

説明を受けた後校舎に行き、教科書や問題集をもらった。

その後母親と食事したがまったく味がしなかった。

僕の頭の中はざまざまな感情に支配されていた。

 

家に着くと僕は、何とか強くなってみせると決意した。

大学入試のことはまるで知らない。

しかし、自分のふがいなさはわかっていた。

とりあえず実力不足の自分が悪かったのだ。

そう自分に言い聞かせて、勉強することを決意した。

見返してやりたかった。

金沢泉丘高校合格した8人に。

両親に。

そして金沢泉丘高校へ通っていた兄に。

高校入学する前の春休みのことだった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿