高1の春休み

高校1年生の入学前の春休み。

普通の高校1年生の春休みは、のんびり過ごすだろう。

しかし、高校入試で挫折を味わったからには,そんな心の余裕はなかった。

一心不乱に教科書を読んだ。

 

春休みの間、悔しさが僕を突き動かした。

高校入試で失敗した数学。

高校入試で失敗したとはいえ、僕の中では数学が1番自信が持てる教科だった。

その数学から勉強を始めた。

 

得意意識もあって、毎日数学の教科書を読んだ。

読み進めた量は、春休みの間に1年生の教科書の3分の2に達していた。

まだまだエネルギーがあった。

次に生物に手をつけた。

中学生時代、理科は数学に並ぶ得意教科だった。

毎回のテストで90点以上取れていたので自信があった。

暗記することは、苦手ではなかったがそれほど得意でもなかった。

そのせいもあって、数学ほど進まなかったが教科書の4分の1は進めた。

こうして高校1年生の春休みは過ぎていった。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿