高校1年入学式

屈辱の公立高校合格発表。

そして春休みの勉強。

 

春休みも明け入学式が行われた。

僕が行くことになった学校は、学力でクラス分けされるというシステムだった。

1年生は入試の成績でクラス分けされる。

 

その私立入試はかなりの自信があった。

得意の数学は満点の自信あり。

苦手の国語は教科書から出題されていたので問題なかった。

心配と言えば、社会がまだ習っていない分野から出題されたことぐらいだった。

 

それでも、公立高校の入試で僕は完全に自信を失っていた。

どのクラスになるのか不安だった。

 

不安の中の入学式だった。

入学式は立派な講堂で行われた。

校長先生の話やらがあったが全く記憶にない。

 

クラスメイトをそれとなく品定めしていた。

周りのクラスメイトも思っていたかもしれないが、正直言って暗い。

こいつら大丈夫か?と思った。

やばいところに配属されたと心配になった。

 

それでも隣の生徒と少し話してみることにした。

どうやって話を切り出したのかは忘れたが、記憶に残っていることは3つ。

 

1つ目は、彼が金沢大学付属中学校出身だったこと。

金沢大学付属中学校と言えば、石川県では名門中の名門だった。

内心、身構えたが次の会話でその気持ちも覆されることになる。

 

2つ目は、アニメの話だった。

今でも連載されている「ジョジョの奇妙な冒険」についてだった。

ジョジョの奇妙な冒険とは、ジャンプという週間少年雑誌に連載されている漫画である。

僕も、当時毎週欠かさず小4からジャンプを愛読していたので、当然読んでいた漫画だった。

この話題は話しが合った。

この漫画でのキャラクターの話で盛り上がったが、彼のテンションは異常だった。

効果音と情景描写がすさまじかった。

ちょっと変だと思った。

それで気を良くした彼は次の話題へ移るのだが、その話題で僕は疑惑が確信へと。

彼はアニメの声優の話を嬉々として始めたのである。

そう。彼はヲタクだった。

今ではヲタクは世間では受け入れられているが、当時は闇の存在だった。

まずいと思った。

関係をほどほどにしないと、彼のワールドに引き込まれてしまうと思った。

しかし彼の話は止まらない。

結局入学式中彼の話を聞かされた。

入学式が終わった後も、クラスに移動する時も続いた。

ちょっと疲れたが、高校生活で友達も作れたので少しほっとしていた。

だが、僕のクラスはこんなヲタクがいるんじゃとてもじゃないけど、下のほうのクラスだと思った。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿