【2019年度公立高校入試ボーダーラインランキング①】

今回は石川県公立高校入試ボーダーラインランキングについてです。

 

県央地区ランキング

県央地区(金沢)での公立高校入試の合格最低点のランキングです。

昨年度(2019年)の平均点が上昇した結果、

各学校の合格最低点も上昇しています。

合格者平均点の推移

平均点の推移はこちら

2013年、2014年が最低を記録しその後は緩やかに上昇(易化)しております。

各教科平均点を50点に設定しているのでしょうか?

近年の変化

これまでは300点前後のボリュームゾーンの高校の倍率が高く、

上下の学校は倍率が低い傾向でした。

しかし、近年は

泉丘

二水

桜丘の倍率が上昇傾向にあります。

この理由としては

①進学校でより大学に進学しやすい高校を選んでいる

②大学合格実績から能登からの優秀な学生が流れている

ことが考えられます。

 

ですので、さらに厳しい競争になることが予想されます。

より点数を取る準備を整えて高校入試に挑むことが求められます。

 

☆期末テスト(11/27)まで あと1日

今回の期末テストでも塾生がどれだけ成長できたか楽しみです。

☆☆公立高校入試(3/10)まであと101日

 

★ご面談をご希望の方はお気軽にご連絡ください。

ご面談時間は

平日の15時まで、日曜の午後

となっております。

ご連絡お待ちしております。

生徒が撮ってくれました

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。