【中1英語克服プロジェクト】

中1英語克服プロジェクトを立ち上げました。

これまでの取り組みといたしましては、

授業と自己学習の改革に取り組んでまいりました。

授業としては文法・教科書の単語・本文理解・リスニングを

行ってまいりました。

英語の文法小テストを毎回行い、

チェックし、

間違えた部分を復習するというサイクルで結果を出す

という流れでした。

しかし、今回の二学期期末テストで

英語のテスト結果にまったく反映されませんでした。

というわけで、

さらなる実験です。

 

仮説としては

・教科書の単語・本文定着の完成度が低い

・文法理解の完成度が低い

この2つが大きな原因と想定しています。

 

そこで対処策といたしまして、

①教科書の単語・本文の暗記を徹底させる。

そこで活躍するのが、

この音声ペン。

わが塾開発の教科書単語・本文暗記システムをフル活用!!

単語は1語ずつの発音。

本文は一文ずつの発音、単元通しての発音。

ができます。

言語学習はまず音声からというのが僕の持論。

単語を音声ペンから暗記してもらいます。

発音がネイティブなのでリスニングにも効果抜群。

暗記してもらったら、

完成度を上げるべく、

先生の前で発音してもらいます。

 

次に文法対策

文法も通常授業ですと、

問題を解くのも、まる付けも生徒に任せるのですが、

解きっぱなしで質問を生徒に任せたのでは、

正確に理解しているかどうかをすべて把握することが難しい。

そこでわが塾開発の教科書準拠の文法プリントを

してもらい、先生が採点します。

理解できていないところは授業をし、

完璧になるまで何度も繰り返します。

 

この二本立てで

仮説に対する実験を行い、

次の確認テスト1/9で実験が上手くいったか検証していきます。

 

次回のテストも楽しみです。

 

 

☆中3石川県総合模試(12/8)まで あと3日

☆☆確認テスト(1/9)まで あと35日

第二回統一テスト(1/9)まで あと35日

☆☆☆公立高校入試(3/10)まであと91日

最近塾生が一眼レフにはまっています。

F値、シャッタスピード、ISO、構図理解

どんどん成長していきます。

 

PC教育も進めたいのですが、

中学生・高校生に与えられた時間がわずか・・・

部活動も大切ですが、将来生き残る技術を身につけることも・・・

苦悩の日々が続く・・・

 

教育の目的とは
生徒が社会に出て困らないようにすること!

面白くない世を面白く!

教育とは実に面白い!

お子様には笑顔を!保護者様には感動を!!
かほく市の塾 良酒塾 てんちょー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 12月 24日