【私立高校入試 入試の仕組み】

私立高校入試が近づいてくると

毎年質問されることは、

「私立入試の倍率は?」

「私立入試では内申点が必要ですか?」

といった私立入試の仕組みについてです。

今回は私立入試の仕組みについて情報をシェアしていきましょう。

 

募集定員について

 

私立高校も募集定員は存在します。

存在しますが、公立高校と違いその定員しかとらない

と言うことはありません。

その理由としましては

①私立高校は公立高校と違い生徒数が必要

②点を取っている生徒ならばぜひ欲しい

③大半の合格者は公立高校に流れてしまう

からです。

ですので、

受験生に対する定員はそれほど重要ではないのです。

合格者・不合格者

 

実際の数字をみていきましょう。

星稜高校の受験者数・合格者数・不合格者数一覧です。

合格者数は一定ではありません。

不合格者数は10人と同じですが、

たまたま同じ人数になっているだけでしょう。

 

合格基準

 

公立高校は定員でカットしています。

募集人数が400人の場合ですと、点数の上位400人目までが合格。

401番目の人は不合格となります。

 

では私立入試はどう合否判定しているのでしょうか?

私立高校は、定員ではなく点数でカットしています。

ですので、何人受験したかは重要ではなく、

何点取ったが重要になります。

 

また専願ですと、入試本番の点数に加え、

様々な加点要素が存在いたします。

例えば、

①専願での加点

②親兄弟がその学校の卒業生・または在校生

③検定(英検・漢検等)

④部活動の成績

などです。

 

しかしこれはあくまで専願の場合のみです。

公立高校や国立高校の併願ですと、

加点されませんのでご注意ください。

 

内申点は

 

私立高校入試に内申点は関係ありますか?

と質問もよくあります。

結論から言いますと、

入るかどうかは分からない

です。

内申点のことは公式にアナウンスされていませんので、

なんとも言えないです。

 

ですが、

内申点が入るかどうかどっちと判断してと言われますと

併願の場合ですとおそらく内心点は加味されない

と思います。

その理由としては

①内申点は不公平

中学校の内申点は中学校の先生によって評価方法がまちまち

②合格判定が複雑になる

からです。

 

まとめ

 

まとめ
・募集定員・倍率は関係無し
・入試本番の点数が重要
・専願のみ加点要素がある。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。