【日本の給料は低い?!】

12月12日の日経新聞に興味深い記事があった。

内容は

①日本の給料・物価は安い

②日本の給料はここ10年変化なし

③高度人材が海外流出懸念

というものだった。

 

①日本の給料・物価は安い

確かに海外の物価は日本より高い。

海外からの旅行客が爆買いしているのも証拠。

給料面でも、ITの高い技術関連においては、

中国や香港に負けている現状である。

またアメリカのサンフランシスコでは

年収1400万円でも低所得者層に位置する。

日本人の平均年収が約400万円を考慮すると恐ろしい数字である。

 

②日本の給料はここ10年変化なし

新興国に限らず、

先進工業国においても給料はここ10年で上昇したにもかかわらず、

日本が置いてきぼりになっている。

これはかなり危険な状況なのではないかと感じてしまう。

日本のこれまでは

高度経済成長 物的に豊か 精神的にもイケイケ

バブル    物的にピーク 精神的に失ったものに気が付かず

バブル崩壊

低迷期   給料をはじめとする経済的に衰退

精神的にも徐々にすさんできている

 

こんな感じなのではないだろうか。

様々な格差が顕著になり、

それに伴い治安が悪化の一途をたどっている。

いつからこんなに貧しい国に向かっていってしまっているのだろうか。

 

③高度人材が海外流出懸念

給料面・精神面でこういう状況が続けば、

有能な人材が海外に流出することは当然である。

 

近い将来を客観的に想像し、

未来においてどのようなポジションを

とっておかなければいけないのか

考えさせられる記事であった。

 

☆確認テスト(1/9)まで あと25日

第二回統一テスト(1/9)まで あと25日

☆☆公立高校入試(3/10)まであと81日

 

教育の目的とは
生徒が社会に出て困らないようにすること!

面白くない世を面白く!

教育とは実に面白い!

お子様には笑顔を!保護者様には感動を!!
かほく市の塾 良酒塾 てんちょー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。